王(フェン)様のレストラン

私は絵が好きなのが高じて仕事にのタイプではありません。

最初、たまたま入り込んでしまった環境が
「描け。描けないと言うな」の環境だったのです。

今考えるとおそろしいです。よくいましたね。
高校の校則の都合で、逃げられなかっただけなんですが。

そこから断続的にだらだらと、絵の仕事のご縁が続いて、
あまりにもそれが続くので、

「これはもう…逃げられないのかもしれない」と。

逃げて追われるほうが辛いと気づいて、
やや、あきらめムードで
絵に立ち向かうことにした最近なのですが、

その私が、何年かに一回、
なぜか自主的に「絵が描きてえ」に
なることがあります。

無責任にただ「描きてえ」だけで描くのですから、
どうにもこうにものものが残っています。

一番最近は「王(フェン)様のレストラン」。
なんのことやら、判る人しか判らないですね。

仕事で描いた大量の絵に混じって、
そういうものが少しだけ(2シリーズだけ)残ってるのですが、

私が絵が描きたいなんて
どうもおかしいなと思っていたのですが、

仕事であまりにも「自分の自由意志を無視して描く」を
大量にやるので、その反動じゃないかと。