テレビと本

テレビと本の違いは、
なんとなく面白くても見るかどうかの違い。
という説があるそうです。

テレビは、なんとなく面白いくらいでも、
なんとなくだらだら見てしまう。

本はそうはいかない。
なんとなく面白いかなー、くらいでは、
読むのをやめてしまうそうです。

そうかな。

テレビはめくらなくてもどんどん流れていくけど、
本は自分の手でめくらないといけないから、
確かに、ほのかに面白いくらいでは、
もういいやになっちゃうかも。

液晶生活30年やってると、
目が刺されるかどうかの違い、と、
思ってしまいますが…。

液晶は光源なので、目に刺さってくるんですよねー。

刺さるといっても、すっ…ごく、かすかなので。
いよいよ目に来たねーと思うまで、
長い時間がかかるわけですが。

速読かけて、画面一枚一・二秒で見終わってしまいます。
早く見終わろうとして、すごい気の短い読み方になります。

本は目に負担がないので速読かけないし、
気に入ったところは何度でも読み返すのですが。