知らないと恥ずかしいマナー~ナプキン編~

今回、知らないと恥ずかしいマナーとして取り上げたのはナプキンのことについてです。ちょっとオシャレなレストランへ行くと、ナプキンが既に準備されているところがたくさんあります。こういうオシャレなレストランに入店すると、最初から緊張してしまいます。やはりこういう場で気になるのは、ナイフやフォークをどう使っていくか、中座する時はどうすればいいのかなど色々考えてしまいがちなのですが、なんとナプキンを手に取る時にまでマナーがあるそうなのです。レストランでナプキンを取るタイミングは大体食事が来る前だそうなのですが、上司など目上の方が同席していた場合は、目上の方達がナプキンを取ってから手に取るようにしなくてはならないそうです。友達同士などの場合は、着席したらすぐに取っても良いとはされていますが、注文をした後に取るのが良いらしいです。また、パーティなど大勢の人が集まる場面では、乾杯をした後に手に取るのがマナーだそうです。このようにナプキンを取るタイミングまでマナーがあるということにとても驚きました。普段何気なく使っているナプキンですが、こういうオシャレなレストランでは十分に気をつけなくてはなりません。日本という国はマナーがたくさんあって大変だなぁと思う部分もありますが、相手を敬うという点から見ると、それがまた良い部分でもあったりするんだなとしみじみ思いました。