世界中が注目する

明日はアメリカで注目される大きなイベントがあります。

それがアカデミー賞なのです。

注目の映画が一堂に集まって受賞を決めるこの賞です。

今年は日本から長編アニメ賞部門に宮崎駿監督の引退の作品になった「風たちぬ」が候補になっています。

最近ですが、アメリカでの上映が始まりまして上場にです。
吹き替えになっているのでわかりやすいと思っていますがこの作品の他にももう一本あるのです。

過去には「羅生門」や「おくりびと」など日本でのアカデミー賞の受賞がありますが外国も強力な作品があるので選ばれるのかどうなのか注目されています。

この時期にアカデミー賞の華やかな裏では最悪な作品や俳優、女優など勝手に選んでいるのが「ラブベリー賞」なのです。

これは協会が選ぶことはなくて一般の人が勝手に選出しているのです。

過去には有名人も選ばれていましてアメリカでは毎年報道はされているのです。
喜ばしくない賞をもらっていいのかどうなのが不思議だと思っています。

この「ラブベリー賞」には日本の作品や俳優、女優など選ばれてないので私にはホッとしていますが、こんな賞を頂いて困惑をしていると思っています。

明日は世界が注目しているアカデミー賞は楽しみがありますが、この作品では選ばれるかどうなのか注目されています。

注目の作品賞はどの作品なのか注目しています。